スワップポイントで気をつけたいこと


hi87元々MT4とはロシアのメタクオーツ社が開発したFXトレード用のソフトウエアーでスワップポイントという言葉を聞いたことがありますか?二つの外貨には通貨間に金利の差があります。金利が高い方の通貨を買い、低い方の通貨を売れば、その差が利益としてもたらされます。これをスワップポイントといいます。

スワップポイントは常に+とは限りません。金利の低い国の通貨を買い、それよりも金利が良くない国の通貨を売った場合損失が出てしまいます。さて、日本はご存知の通り低金利の国。プラスのスワップポイントを手に入れることが容易い環境と言えます。これは基本的に日割り計算されているので、日ごとに利益を確定することができるのです。

これはレバレッジを使うことが可能です。しかし、長いタームで運用を考える時は、リスクマネジメントを行うことが大切です。FXでの運用は、単発での取引のプラスとマイナスをではなく、一年単位での損益の合計を考えます。これが所得税などの試算に適用されるわけです。

スワップポイントを運用する際に気をつけたいこと
第一に、高いスワップポイントを設定している業者で口座を解説することが必要です。この取引業者の選択は特に気をつけることが必要です。なぜならば、強制決済が発生する可能性があること、資金を回収出来ない可能性があることです。この強制決済、実例が何度も発生しています。例えば、運用がマイナスの時に強制決済を行われると、後から多額のプラスを得た場合でも、マイナスを持ち越すことはできないので課税が多くなるというシナリオが待っています。

外国通貨における預金ははじめから利回りが設定されています。ただし、スワップ金利の運容易に置いては、その取引に関係する国のレートや政策金利によって、肝心の値が激しく変動することになります。ちなみにこの数値、FXの運営会社によっても差異が生じます。もちろん、高く設定される業者と取引した方が得です。例えば、金利を高く設定している会社として有名なのはフォーランドフォレックスでしょうか。

この会社の長所はなんといっても取引手数料がとられないこと。さらに信託保全が完備されています。スワップ金利の高さには定評があるようです。ひとつ、注意すべきことがあります。取引を売りから始める時に注意がいるのです。売りの際にはスワップ金利を支払うことから始まります。

売りポジの支払いの金額の方が、買いポジションの受け取りの金額よりも高くなるのが一般的です。これはどの通貨ペアを組むかによって変動します。売りポジで損が出た時は、差益の損失に上乗せしてスワップ金利の分もさらに金額が差し引かれ、トータルとして損が膨らみます。ですので、ロングタームで売りポジを保つ時はスワップの幅が小さい会社を選定するとよいでしょう。(以上FX ONLINE JPから参照)